平成30年4月22日午前7時、
気象庁は、火山性地震が増加した為、
湯釜のある草津白根山の噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、
それを受けた草津町は、
火口より半径1kmの範囲で立ち入り規制を発令致しました。
(1月23日に噴火した本白根山とは別の山です)

この事により、20日に再開通した
志賀草津高原ルート(国道292号線)については、
白根火山ロープウェイ山麓駅付近の殺生ゲートから、
万座3差路ゲートの区間で、当面の間、通行止めとなっております。
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、
安全を第一に考えた判断でございますので、
ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

尚、草津温泉街につきましては、
当該の草津白根山より直線距離で約6km以上離れており、
全く影響がございません。
草津温泉にお越しの際には、
安心して「草津温泉」をお楽しみくださいませ。
また、正確な情報発信を心がけ、
情報が入り次第、お知らせ致します。

平成30年4月22日 
草津温泉観光協会/草津温泉旅館協同組合/
草津町商工会/草津町飲食店組合