3月16日(金)午後2時に気象庁より
「本白根山に対する正式な噴火警戒レベルの運用」が
発表されました。

草津町では本白根山の噴火警戒レベルが「2」であることから、
火口域の中心点から1km圏内を立入規制としました。

道路を管理する群馬県ではこの決定を受け、
「志賀草津道路」の再開通を予定通り
4月20日(金)午前10時と発表しました。
ただし噴火による降灰が融雪や大雨等で、
道路に流出するケースを考慮し当面の間は、
夜間(午後6時~午前7時)通行止めとなります。

再開通予定:平成30年4月20日(金)午前10時
      ※夜間(午後6時~午前7時)通行止め

皆さまの、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。